2015年6月アーカイブ

読書のコツ

レアード博士によれば、読書のコツはいくつかある。

(1)全体をすばやく見て意味をつかむこと(2) ひと目で句全体を読み取ること
(3)語でなく句を読むこと
(4)語の首部を見ること
(5)目は左から右へ動かすこと(決して逆には動かさない)
(6)普通書物なら目を四、五回停滞させる間に一行読むこと
(7)唇や舌を動かさないこと(音読しない。

黙読でも口を動かさない)
(8)速く読む習慣がつくまで以上のことを続けること
これらは英語の場合であって、必ずしも日本語の本を読むのに適合するわけではない。

とくに、(3)(4)は日本語には無理だ。

英語は語が単位だが、日本語は字が単位だからだ。

また(5)は英語の場合だから左から右へ目を動かすことになる。

JDPホールディングスでは、様々なビジネスの提案を行っています。

ディナーパーティー

飲食物は、お茶とお菓子とか、みんなの持ち寄りといったごく軽いもの。

それぞれ工夫をこらしたプレゼントが主役です。

昼食をともにするパーティーで、ディナーパーティーよりはずっと簡略化されたもの。

料理も簡単、飲みものもビールとジュースぐらいなのが一般的です。

ランチパーティーともいいます。

開始時間はヨーロッパでは午後1時ごろ、日本では11時~午後1時の間というところでしょう。

パーティーの内容は重いものから簡単なものまでさまざま。

ディナーに準ずるものもあり、立食式のこともあります。

ビュッフェ即ち立食式のパーティーは、気軽さと自由さが現代にマッチして、はやっているものです。

ごくふつうの形は、大テーブルに酒とグラス、オードブルなどの料理と皿が用意され、椅子の数は客数の半分くらい。

客は会場の中を自由に歩き廻って、好きなものを飲食したり、他の人びとと歓談をかわしたりします。

JDPホールディングスでは、様々なビジネスの提案を行っています。
お見舞い品のお返しは、昔から半返しというしきたりがあります。

したがって、先方の見舞い品の金額を見つもって、その半分位の値段の品を、快気祝いとしてお返しすればいいわけです。

快気祝いの品は、紅白の砂糖、餅、菓子など、紅白で揃えるのが一般的ですが、陶器、漆器などの記念品を贈るのもいいでしょう。

ただ仏事に使うお茶だけは使わないようにします。

また品物でお返しをせずに、見舞ってくれた人びとを招いて、快気祝いパーティーの形にしてもよく、お返しをせずに病気全快の報告をかねたお礼状だけを出しておいても、礼儀にはずれることはありません。

お返し、快気祝いの時期は、退院するか床あげして予後の療養を行なった後、外出できるようになったころ、出社できるようになったころを全快とみなして、行ないます。

全快して社会復帰後あまり時間が経ってからでは、快気祝いの意味がなくなりますので、一週間位の間にするといいでしょう。

自宅療養が長引くときは、その旨見舞ってくれた人に報告しておけばていねいです。

JDPホールディングスでは、様々なビジネスの提案を行っています。

ビジネスマンの勉強法としては、もちろん黙読が中心になる。

本来、読書というものは、読者と著者が一対一の心で対話するようなものだから、本来孤独なものである。

たとえ音声を発しなくても、口を動かす黙読がよくないことはとおりである。

しかし社内などで数人が集まって読書会や輪読会をやるときは、黙読では伝わらない。

音読である。

また職場で急いで研究しなければならないテーマがあり、それに必要な基本図書が10冊あるとしよう。

一人で10冊読むと時間がかかるが、10人が一冊ずつ分担し、読んで理解したところを報告し合うと、10分の1の時間で処理できる。

根をつめて一日一冊読めば、10人寄ると、1日10冊読めることになり、大変勉強がスピード・アップされる。

読後の要領を複写して配布するのもいいだろう。

JDPホールディングスでは、様々なビジネスの提案を行っています。

来客はお茶の出し方ひとつで、その会社に悪印象をもったり、逆に、商談に力がはいったりするものだ。


これは女性だけの話ではない。


場合によっては、男性でも接客のためお茶を出すことはある。


そんなときお茶くみも重要な仕事の一環と考え、心をこめて出したい。


ひとつの仕事をやるにも、同じ時間を費やして、成功する人もいれば、失敗する人もいる。


ということは、最初から明らかに無理な仕事を命じられた場合以外は、仕事のプロセスのどこかに、問題があったとしか考えられないだろう。


電車に遅刻の責任をなすりつけているようでは、無責任な社員としか思われないだろう。


信用のできないいいかげんな社員勲と思われてもしかたがないだろ乞ふだんの行動が注目される新入社員だからこそ、日常の小さなことにも気をつけていたい。


JDPホールディングスでは、様々なビジネスの提案を行っています。


映画、テレビ、ビデオパックなどで勉強することは、いずれも「目」を使うことだが、実は「目」だけではない。

これらは視聴覚媒体であって、目と耳を使っての勉強である。

しかしわれわれは、一般に「テレビを見る」といい、「テレビを聞く」とはいわない。

映画もトーキーなのだから、見るだけでなく耳でも聞いている。

芝居も見るだけでなくセリフを聞いている。

それでもわれわれは映画や芝居を「見に行く」という。

同様に、テレビやビデオパックでの勉強は、「目」で見る勉強に分類される。

講演や各種セミナーなどで講義を聴くことは、もちろん耳で学問することである。

いうまでもなく、ラジオは耳で聞くメディアである。

JDPホールディングス株式会社 
公私混同に、大きいも小さいもない。

このように考えれば、会社から私用電話をすることは、当然控えるべきなのだが、たとえ自分からしなくても、相手から会社に電話がはいることだってあるだろう。

とくにそれが、学生時代のなつかしい友人だったりすると、むげに電話を切るのもためらわれるかもしれない。

しかし、そんな場合でも、電話での話は三分以内にすませるべきである。

たとえなつかしい友人とはいえ、やはり会社で私用電話をすることは、公私混同にかわりはない。

もしも、どうしても電話が長びきそうなときは、相手の連絡先などを聞いておいて、いったん切る。

そして、昼休みなどに、社外から、公衆電話を使ってかけなおすようにすることだ。

JDPホールディングス株式会社 

昼食の接待

勤労時間は公式的には、早く始まり、昼食時で終わります。

ほとんどの人が昼食時に家に帰るわけですが、大企業ではだんだん北ヨーロッパと同じ就業時間に移行しつつあります。

お茶やおやつのための休憩時間は、一日の中で特に決まっていません。

昼食の接待は、ふつうは仕事上の客のためにします。

たとえば新年のケーキ・カットの儀式などのように、職場で行われるやや正式な行事には、ほとんどの人が出席しますが、そこが社交の場となるわけではありません。

大企業では、組織の下の人たちのために社交行事を開催することもあります。

仕事以外の時間に同僚とつきあうとしたら、仕事上の理由からではなく、気が合うからです。

地位の違う人たちが一緒になることは、ほとんどありません。

政府に関するジョークの場合

仕事でもそれ以外の場所でも、アはウィットに富み、風刺的で、
ギリシャ人はユーモアをおおいに楽しみます。

彼らのユーモ辛辣です。

政府に関するジョークの場合は、特にそうです。

親しい間柄になると、あけっぴろげで個人的になることもあります。

このことはユーモアだけにあてはまるわけではありません。

もったいぶっていたり、よそよそしくしているのは、喜ばれません。

どちらかというとあまり親しくない人たちが、あなたの家族の状況や個人の財産について質問をしてくるようなこともあるかもしれません。

ギリシャ人は討論好きで、その技も磨かれており、ありとあらゆる言葉とジェスチャーで表現をします。

もっと表現を抑えた調子に慣れている外国人にとっては、ものすごい大論争に思えることが、実は全く迫力のないただの意見交換であるのかもしれません。

気をつけなければいけないのは、対話の相手が静かになり、引いてしまった時です。

JDPホールディングス株式会社 

同世代や同じ地位の同僚

キリエやキリアは、単独でも使われます。

同世代や同じ地位の同僚は、ファースト・ネームで呼びあうこともあれば、名字で呼ぶこともあります。

はじめて知りあったときのぎこちなさは、すぐにくだけた雰囲気に変わります。

もしわからないことがあったら何でも聞くことです。

それにこういったことはたぶん、最初に教えてくれるでしょう。

銀行を除けば、服装は他のほとんどのヨーロッパの国よりもくだけています。

また、服装からは各人の地位はわかりません。

ただ一貫していることは、仕事にいくのにドレスアップもしない代わり、くつろぐ時にもドレスダウンしないということです。

JDPホールディングス株式会社 

このアーカイブについて

このページには、2015年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年5月です。

次のアーカイブは2015年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。