2016年11月アーカイブ

葬式での心得

大きな声で話さないのが礼儀

通夜は故人の遺体を守るのが本来の目的です。

告別式は故人の霊を静かに送る儀式です。

遠慮のない笑い声をたてたり大声で話したりしては常識を疑われるでしょう。

故人に対する気持ちも大切にはちがいありませんが、遺族への思いやりも忘れてはなりません。

「こんなときこそ、陽気にやってあげるのが遺族のためになるんだ」などと考えるのは論外です。

地声の大きい人、高い声の人はつとめて声をひそめて話します。

JDPホールディングス株式会社

このアーカイブについて

このページには、2016年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年9月です。

次のアーカイブは2016年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。