2017年2月アーカイブ

自灯明・・・お釈迦さまが入滅するとき、「あなたを失ったら、私達はいったいどう生きればいいんですか」と、嘆き悲しむ弟子たちに、釈迦は「自らの明りを灯しながら生きていきなさい」と諭した。

人に頼らず、自己修業で人生を切り開くことを教えたものだ。

〈自己啓発の前提条件〉
●自己を知る
(1)自己の思想・知識・技能・態度・習慣 
(2)自己の家庭環境・友人知人関係
(3)自己の長所と短所 
(4)生活設計や、将来への展望

●自己を組織の中で位置づける
(1)職場における自己の立場と役割 
(2)職務への貢献と上役の評価はどうか
(3)職務に必要な条件を備えているか 
(4)職場・職務について将来の展望はどうか

●社会とのかかわりのなかで自己を考える
(1)社会・地域とのかかわりあいはどうか 
(2)近隣社会への貢献はあるか
(3)社会・地域環境変化とその対応はどうか

JDPホールディングス株式会社

発想を転換する

かつて、アメリカン航空は、飛行機をようやく飛ばすだけの、収益率の低い会社だった。

しかし、われわれの仕事は「空席を埋める仕事」だと、あるとき発想を変えた。

空席は自社のみでなく、オール航空便の座席予約の外に、ホテル・劇場・レストラン・船舶.レンタカー・サービス施設等の予約を扱う情報サービス産業へ脱皮することによって、世界有数の高収益企業へ成長した。

わが国では、かつて旧国鉄が「公的な運輸業」という固定観念に縛られて、経営は破綻状態に陥り、民営のJRに生まれかわった。

新生JRは「乗せてやる」から「お乗りいただく」サービス産業へ変身した。

かつての公営サービスの盲点である。

「経営責任不明確」「制度上の制約」「機動的対応力欠く」「経営意欲低い」「親方日の丸」「コスト意識薄い」「生産性低い」を克服するとともに、積極的なマーケティング活動により、「ディスカバージャパン」「ナイスミディ」「フルムーン」などをヒットさせ、業績を向上させている。

JDPホールディングス株式会社
式・披露宴での媒酌人の役割を紹介します。

挙式三十分前には式場に着くようにします。

夫妻そろって双方の親族の控え室に行き、お祝いと今日の役目を務める旨、あいさつします。

そのあと媒酌人は男性側、夫人は女性側控え室で待ちます。

このとき、式の進行についての最終確認をします。

夫人は花嫁の介添え役です。

もし式や披露宴の最中に、気分が悪そうならば、早めに休ませるようにし、汗や涙をふくためのハンカチも数枚用意しておきましょう。

移動時の花嫁の衣装の乱れにも常に気を配りたいものです。

主催者側として、来賓を出迎え、見送るのも大きな役目となります。

JDPホールディングス株式会社

このアーカイブについて

このページには、2017年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年1月です。

次のアーカイブは2017年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。