2017年3月アーカイブ

結納の品目 その2

(6)子生婦 - 昆布。

子孫の繁栄を願う品として。

(7)寿留女 - 保存食品として不時に備える意味。

(8)勝男武士 - 松魚節とも書き、やはり保存食品であると同時に男性の剛毅さの象徴。

(9)家内喜多留 - 酒を入れる柳樽のこと。

清酒の意味ですが、現在では「御酒料」として現金を包んで品物にかえます。

七品の場合は、目録、長熨斗、金包、末広、友志良賀、子生婦、寿留女、五品の場合は、目録、長熨斗、金包、末広、友志良賀のセット。

結納の時に婚約指輪を贈る場合は、寿と書いた箱に、水引きをかけて金包の左側に並べます。

JDPホールディングス株式会社
結納の品目は地方によって多少異なることはありますが、正式には九品、略しで七品、五品を贈ることもあります。

デパートの婚礼用品売場などで、白木の台付きで、セットで売られています。

(1) 目録 - 結納の品名と数量を箇条書に記したもの。

(2) 長熨斗 - あわびののしで不老長寿の象徴。

(3)金包 - 結納金、男性側は「御帯料」、女性側は「御袴料」として現金を包みます。

(4)末広 - 白無地の扇子。

寿恵広とも書き、潔白無垢のしるしと家運が末広がりに繁栄するという縁起。

(5)友志良賀 - 麻糸。

夫婦がともに白髪が生えるまでという、長寿・健康を願うもの。

JDPホールディングス株式会社
結納の日の仲人は、結婚式当日にまさる大役です。

仲人には心からの感謝をこめて、ていねいにお礼を申し上げましょう。

そして、ご足労に対してのお礼のしるしに、お金を包んで差し上げます。

車などを使った場合は、その分もふくめて十分に包んでください。

金包の表書きは、「御礼」とか、「寿」とします。

ごちそうをやめて「酒肴料」を包んだ場合も、それとは別にお礼をするのが当然です。

しかし、どうしても現金を差し上げるのが失礼な方なら、後日、それ相応の品をお礼状とともに贈る方法もあります。

また、結納の日には、運転手やお手伝いの人にも祝儀をあげるのがならわしですから、きれいなお札と祝儀袋を用意しておくことです。

JDPホールディングス株式会社

このアーカイブについて

このページには、2017年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年2月です。

次のアーカイブは2017年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。