結納の品目 その1(JDPホールディングス株式会社)

結納の品目は地方によって多少異なることはありますが、正式には九品、略しで七品、五品を贈ることもあります。

デパートの婚礼用品売場などで、白木の台付きで、セットで売られています。

(1) 目録 - 結納の品名と数量を箇条書に記したもの。

(2) 長熨斗 - あわびののしで不老長寿の象徴。

(3)金包 - 結納金、男性側は「御帯料」、女性側は「御袴料」として現金を包みます。

(4)末広 - 白無地の扇子。

寿恵広とも書き、潔白無垢のしるしと家運が末広がりに繁栄するという縁起。

(5)友志良賀 - 麻糸。

夫婦がともに白髪が生えるまでという、長寿・健康を願うもの。

JDPホールディングス株式会社

このブログ記事について

このページは、-が2017年3月19日 10:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「結納のお礼は、その日のうちに仲人にする」です。

次のブログ記事は「結納の品目 その2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。