結納の品目 その2

(6)子生婦 - 昆布。

子孫の繁栄を願う品として。

(7)寿留女 - 保存食品として不時に備える意味。

(8)勝男武士 - 松魚節とも書き、やはり保存食品であると同時に男性の剛毅さの象徴。

(9)家内喜多留 - 酒を入れる柳樽のこと。

清酒の意味ですが、現在では「御酒料」として現金を包んで品物にかえます。

七品の場合は、目録、長熨斗、金包、末広、友志良賀、子生婦、寿留女、五品の場合は、目録、長熨斗、金包、末広、友志良賀のセット。

結納の時に婚約指輪を贈る場合は、寿と書いた箱に、水引きをかけて金包の左側に並べます。

JDPホールディングス株式会社

このブログ記事について

このページは、-が2017年3月29日 10:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「結納の品目 その1(JDPホールディングス株式会社)」です。

次のブログ記事は「結婚祝いの贈り方(JDPホールディングス株式会社)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。