新生活の住まい

住まいは、新生活の準備の中で、一番重要な問題です。

新居を決める際、まず第一のポイントは親と同居か、別居かということです。

以前は、長男であったり、一人息子の場合、親と同居するのが当然のようでした。

しかし、現在ではむしろ、新旧世代のプライバシーをお互いに尊重し、別居のケースが増加しています。

特に、両親が若くて健在のうちは別居をして、いずれ同居という形をとるのが好まれており、また親の立場からも、そのほうが望ましいという見方をする人も増えています。

親と同居する場合、二つの家族の生活ができるだけ侵害されないように、部屋の位置などを考えます。

新夫婦のために、なるべく独立した形の部屋を開放するなり、必要であれば一部屋か二部屋建て増すという配慮が欲しいものです。

また、畳を変えるとか、カーテンを変えるというように、二人の新居にふさわしい模様変えをするなどにも、心配りしましょう。

JDPホールディングス株式会社

このブログ記事について

このページは、-が2017年6月16日 10:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「スピーチ注意事項(JDPホールディングス株式会社)」です。

次のブログ記事は「通婚圏広げは人口資質にたいせつ(JDPホールディングス株式会社)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。