通婚圏広げは人口資質にたいせつ(JDPホールディングス株式会社)

通婚圏とは男性と女性が、夫婦として結びつく地理的範囲のことです。

これが広がっていくことは、配偶者をえらぶのに好都合であるばかりでなく、人ロ資質的にもいいことですが、現実上の問題としては、新幹線、飛行機、自家用車の世の中になったというのに、まだまだ配偶者は身のまわりから選ぼうとする傾向が強いようで、厚生省の調査によりますと、都市でも同一市内に住む人の結婚が多く六九%、町村では同一町村内の結婚はもっとも多く八八%となっています。

最近は、いかにも恋愛結婚が花ざかりのように見受けれるので、おのずと選択の範囲が限られるためかとも思われますが、これも厚生省の調査では、恋愛結婚は全国的にはそれほどのことはなく、大都市と中都市でさえ六〇%、小都市と町村では逆に見合い結婚が多くて、それぞ五三%と六三%となっています。

JDPホールディングス株式会社

このブログ記事について

このページは、-が2017年7月26日 15:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新生活の住まい」です。

次のブログ記事は「他人からの祝いは親しい間柄だけ その1」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。