お茶のお代わり・相客への挨拶の仕方(JDPホールディングス株式会社のサークル)

■お茶のお代わり

お茶のお代わりをすすめるときは別の茶わんですすめるのが正式ですが、同じ茶わんにつぎ足す場合は、お客の前からいったん下げて、茶托からおろして、お茶をつぎ、糸底をふきんでふいてから、茶托にのせ、お客の前に出すようにします。

どんなに親しい客でも、客の前においたまま茶わんへ、きゅうすを突き出してつぎ足すのは、失礼になります。


■相客への挨拶

もし、相客がいたときには、主人に辞去の挨拶をしたあとで、

「お先に失礼いたします。」と、会釈するのが礼儀です。

そして、主人が見送りに立とうとしたら、

「どうか、おかまいなく(おかまいくださいますな)。」というふうに辞退します。




JDPホールディングス株式会社のサークル

このブログ記事について

このページは、-が2018年7月23日 14:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「名刺は大切に取り扱う」です。

次のブログ記事は「新築記念品贈呈の挨拶状の例文を紹介します」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。