交通革命の最近のブログ記事

介護のチームを構成する職種

チームを構成する職種は非常に多い。

特に家庭で生活している利用者とその家族を援助するには、家庭で不足している要素を、家庭内に運び入れることや、施設でのデイサービスなどのプログラムに参加させることを、状況に応じて準備していかなければならないから、多種の専門的な職種を必要とし、チームを組んで相互に助け合う必要がある。

主な職種として介護福祉士、訪問介護員(ホームヘルパー)、社会福祉士(施設では生活指導員などと称している場合もある)、医療ソーシャルワーカー(MSW)、精神保健福祉士(PSW)などの職種に加えて、民生委員、福祉行政関係者、医師、歯科医師、薬剤師、看護師、保健師、管理栄養士、栄養士、理学療法士(胃)、作業療法士(OT)、言語療法士(訂)、柔道整復師、臨床心理士、技能訓練士、レクリエーション指導員など非常に多くの職種がある。

ボランティアがこれに加わることもある。

JDPホールディングス株式会社

読書のコツ

レアード博士によれば、読書のコツはいくつかある。

(1)全体をすばやく見て意味をつかむこと(2) ひと目で句全体を読み取ること
(3)語でなく句を読むこと
(4)語の首部を見ること
(5)目は左から右へ動かすこと(決して逆には動かさない)
(6)普通書物なら目を四、五回停滞させる間に一行読むこと
(7)唇や舌を動かさないこと(音読しない。

黙読でも口を動かさない)
(8)速く読む習慣がつくまで以上のことを続けること
これらは英語の場合であって、必ずしも日本語の本を読むのに適合するわけではない。

とくに、(3)(4)は日本語には無理だ。

英語は語が単位だが、日本語は字が単位だからだ。

また(5)は英語の場合だから左から右へ目を動かすことになる。

JDPホールディングスでは、様々なビジネスの提案を行っています。

ディナーパーティー

飲食物は、お茶とお菓子とか、みんなの持ち寄りといったごく軽いもの。

それぞれ工夫をこらしたプレゼントが主役です。

昼食をともにするパーティーで、ディナーパーティーよりはずっと簡略化されたもの。

料理も簡単、飲みものもビールとジュースぐらいなのが一般的です。

ランチパーティーともいいます。

開始時間はヨーロッパでは午後1時ごろ、日本では11時~午後1時の間というところでしょう。

パーティーの内容は重いものから簡単なものまでさまざま。

ディナーに準ずるものもあり、立食式のこともあります。

ビュッフェ即ち立食式のパーティーは、気軽さと自由さが現代にマッチして、はやっているものです。

ごくふつうの形は、大テーブルに酒とグラス、オードブルなどの料理と皿が用意され、椅子の数は客数の半分くらい。

客は会場の中を自由に歩き廻って、好きなものを飲食したり、他の人びとと歓談をかわしたりします。

JDPホールディングスでは、様々なビジネスの提案を行っています。

第一の交通革命

東海道本線が明治22年に開通した当時は、単線で、各駅停車を行ない、しかも、ブレーキは手動式であったので、その表定時速(駅で停車している時間を含めた平均スピード)は、30.1キロと今からみれば低速で、その後多少のスピードアップを行なったが、それでも表定時速は34.8キロにすぎず、新橋~大阪間が16時間29分にまでしか短縮できなかった。

 

ところが、急行列車を明治二九年頃から運行させることによって、表定時速が36.5キロにスピードアップされ、更に明治30年代末には44.2キロにまで上昇させることができた。

 

それでもスピードアップの度合いは今日の物差でみればそれほど大きいとは考えられないが、当時にあっては大きなインパクトになったといってよい。

 

もう一段のスピードアップのためには、日本の鉄道省は技術陣を動員して、第1に「最急行列車」の運転を明治40年から開始した。

 

2に明治44年には複線化が完成し、明治45年頃に「特急列車」が運行されることになった。

 

これによって表定時速は47.7キロまでスピードアップすることができるようになった。

 

このスピードアップを可能にさせた背景には一つの技術革新があった。

 

それは、手動ブレーキシステムから真空ブレーキシステムへと制御技術の革新を行なったからである。

 

かくて新橋~大阪間の所要時間は8時間55分へと開業当時の約半分にまで短縮することができた。

 

さらに、大正14年に自動連結器が取り付けられたし、昭和2年に東京~国府津間が電化され、「つばめ号」がエア・ブレーキ・システムを取り付けて東京~大阪間を走ることとなり、東京~大阪間が8時間20分にまで短縮されることになった。

 

戦後は、昭和30年に全線電化が完成し、34年に旧「こだま号」が特急として運行を開始し、電気・空気制御によるブレーキ・システムの採用もあって、表定速度は86キロまで上昇し、東京~大阪間が6時間50分にまで短縮されることになった。


JDPホールディングス株式会社

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち交通革命カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはマナーです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。